住宅の購入手続き

物件が決まったら「申し込み」です。物件によりますが、新築マンションなどは購入申込金が必要になってくる場合があります。(これは、売買契約時に手付金に充てられます)そして、同時期に住宅ローンの事前審査を受けてください。実際に住宅ローンを組めるのか、いくら借りられるのかなどの審査が行われ、これに通らないと契約には進めません。それと、消費税が新築のマンションや一戸建ての建物部分にもかかることを忘れずに。

次に「契約」になりますが、その前に「重要事項の説明」を受けて、きちんと把握してから契約に移ってください。ここが重要なポイントです。契約した後にキャンセルすると、契約時に支払った手付金は戻ってきません。場合によっては違約金を払わなければならないことにもなりかねません。売買契約が成立したら、住宅ローンの申し込みも行ってください。後日承認されれば正式なローン契約(金銭消費貸借契約)を結びます。

いよいよ物件の「引渡し」になりますが、その前に残金の決済です。契約時には手付金を払っているので、物件価格から手付金を除いた残りの金額の支払いを。通常は住宅ローンで支払うので銀行で行います。支払いが確認されたら購入物件のカギをもらえます。また、司法書士による不動産の所有権移転登記も行われます。問題なければ入居です。